またまた遅くなってしまいました
今回もラストがあまりにも衝撃的で「えーー」でしたよね。
8話では別の視点からの今までの誘拐の答え合わせ的なおさらいが見れたのも良かったです。



東堂は友香と優月を誘拐したが、「実咲ちゃんの誘拐は俺じゃない。俺と亜矢ちゃん(鈴間)は命令を受けてるんだ」
誘拐したのは心春を取り戻すため。
誘拐の時に妻・亜希のアリバイが不明だったことから狂言誘拐を疑われた。
亜希に問いただして追い詰めてしまって家を出て行った。
それっきり連絡がつなかいと。
失踪したことで警察はさらに疑いを強めた。
だけど刑事の妻が狂言誘拐をしてたなんてことがわかったら組織の汚点になる。
次第に捜査本部は縮小し、迷宮入りという雰囲気になってた。
だから警察をやめて自分で捜査することを決めたと。
どんな手段を使ってもと考え、模倣犯を思いついた。
そしたら警察が動いてくれると。
温人とはずっと会ってなかったから、生活を調べようと亜矢をハルカナに入れた。
亜矢は亜希の妹で、亜矢にとっては唯一の肉親で、母親がわりに育ててくれた存在。
だから、どんなことでもすると言ってくれた。

ここからは東堂側からの目線の今までの誘拐。

ハルカナの盗聴器は亜矢が仕掛けたのね。
鳴沢家に仕掛けたのは東堂。

5年前の心春の誘拐の時と同じにして、質問に答えられず取引を終了させた。
身代金の受け渡しを失敗させて、警察を排除させるのが目的だった。
ユーザーの居場所を探してる時、亜矢をあえて近くにいさせて(監禁場所の)位置情報を教えた。
温人が犯人を追いかけようとしたら、東堂が止めるつもりだったと。
亜矢は検問に引っかからないように、トランクルームで一晩過ごし、会社に出勤。
警察は捜査中だからと事件の詳細を公表しなかった。
だから暴露本を出した。

三輪「優月を誘拐したのは何で?」
東堂「心春ちゃんを誘拐した犯人から連絡が来たんだ」
東堂のスマホに非通知電話。
犯人「暴露本読みました。あなたが私の模倣犯ですね」
東堂「心春ちゃんは生きているの?」
犯人「生きています」
東堂「何でもします」
犯人「もう一度、誘拐事件を起こしてください。
鳴沢温人さんを交渉人にして、三輪碧さんの娘を誘拐してください。
5億円を回収したら、10億円を渡して下さい。
心春さんと交換します」
(温人と三輪に「さん」をつけてるのが、なんか気になる。やっぱり近い人物なんじゃないかなぁ)

身代金の受け渡しで何度も移動したのは、犯人がこちらを見てると思ったから。
犯人の姿が見つかるまで、何度も受け渡しを延期するつもりだった。
でも優月が喘息になって計画を変更した。
未知留が尾行したのは想定外だったけど、運良く防げた。
そして犯人から鳴沢家の勝手口に1億円置けとの指示。
東堂「何のためだ?」
犯人「質問は受け付けません」

今、温人と電話で交渉してる相手は、心春を誘拐した犯人だと。
犯人から電話「21時に鎌倉第一霊園の西側駐車場に車を止めて下さい」
これから毎日、温人が運ぶ1億円を東堂が保管し、全額揃ったら、「心春さんと新たな人質を交換します。断れば2人揃って殺します」
東堂は受け渡し現場で阿久津の娘だと気づいたと。

温人「俺を襲ったのはおまえか?」
東堂「今さらGPSをつけるなんて思わなくて油断したんだ。
犯人は順調に取引が進んでると思ってるはずだ」
だから亜矢が「余計なことをしないように」って釘をさしたのね。

三輪「さすが元刑事。よく出来た言い訳だな。
なんで実咲ちゃんの時だけは自分で誘拐する必要があったんだ。
以前と同じように東堂に任せればよかったのに」
そこが引っかかるところだよね。
東堂「今、俺が警察に捕まれば、実咲ちゃんがどうなるかわからない」
三輪「いい加減にしろ!おまえのせいで友香ちゃんや優月は苦しんだんだぞ。警察行くぞ」
東堂「捕まるわけにはいかない。小春ちゃんと実咲ちゃんを取り戻すまで絶対に。
三輪「もう5年だぞ、まだ生きてるって本気で思ってるのか」
東堂「信じるしかないんだよ」
未知留「私は信じたい。友香や優月ちゃんを誘拐したことは絶対に許さない。だけど心春ちゃんは生きてるって信じたい」
温人「じゃ確認しよう。こいつが本当のこと言ってるかどうか」

友香誘拐から383日目。
阿久津の家に香菜子が来た。
香菜子「大事なお話があります」

警察
葛城が実咲が学校を休んでることをつかみ、
「誘拐されたことはほぼ間違いありません」
葛城に電話がかかってくる(誰からか後でわかりますが)

12時に犯人から東堂に電話。
「取引は中止します。警察が動いています」
東堂「動いてるのは一部だけだ」
犯人「取引を中止して実咲さんを殺します」
東堂「わかった、阿久津さんとの取引はやめればいい。
だけど俺との取引は生きてるはずだ。
今ある金をすべて持っていく。人質と交換してくれ」
犯人「ただし返すのは心春さんか実咲さんどちらか1人だけです」
東堂「両方だ!」
犯人「それなら取引は中止です」
東堂「待ってくれ、実咲ちゃんと交換してくれ」
東堂、涙ぽろぽろ、ここ泣いた
本当に苦しくてつらい決断よね・・・
犯人「1時間後に倉庫に来て下さい」

三輪「俺も行く。相手は俺達がいることに気づいてない。
騙し打ちして犯人の正体を暴いて、実咲ちゃんと心春ちゃんを取り戻そう。ただし全部終わったら一発ぶん殴らせろ」

阿久津から電話、葛城のスマホの位置情報を調べたら、家の近くで見張ってるようだと。
温人「今日は俺達だけで動きます」
阿久津「1億円は?」
温人「何とかします」

倉庫に着いた温人に犯人から電話「警察に通報しましたね。取引は中止です」
温人「警察が勝手に気づいただけだ」
犯人「約束を破った。あなたの責任です」
倉庫の中に入る東堂。
実咲は監禁された場所からいなくなっていた。

温人「阿久津さん、警察に連絡してませんよね」
阿久津「今朝、立脇さん(香菜子)が来ました。
鈴間さんを逃がしたことに責任を感じて、鈴間さんの住所を割り出し、東堂さんの義理の妹だとわかり、私に報告してくれたんです」
東堂の位置情報を調べたら、鳴沢家にいたことがわかり
「もうあなたを信じられなくなりました」
阿久津が葛城に電話。(さっきの電話は阿久津からだったのね)

すでに阿久津家に警察がいてた!
もうーーー信じられへん展開

倉庫の裏に、頭から血を流して実咲が倒れてるのを発見。
高い所から落下したのか・・・ボルダリングができたばっかりにこんなことに 勇気を出して脱出しようとしたのに
ここで温人の「何でこうなるんだよ」の悲痛な叫びのシーン再び。
そこに警察が来て、温人に「署までご同行願います」
どーーんと気持ちが突き落とされたような衝撃のラスト。

てっきり実咲ちゃんが死んでしまったと思ってしまったけど、
予告では集中治療室にいてて、良かった、死んでなかったんだね。
ちゃんと元気になってくれるといいのだけど・・・

実咲ちゃんのタブレットの心春フォルダには何が入ってるんだろう。
温人は警察でちゃんと真実をわかってもらえるんだろうか。
そして予告の最後には未知留が口を塞がれて誘拐されるみたいなシーンが・・・
もう毎回毎回、想像もつかない展開で、最終回までそうなんだろうなぁ


よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ