★翔くんインスタストーリーズ、20時頃UP!
貴重な物の数々、いろんなパスは宝物だよね~

潤くんのEnjoyはまだ更新されてないなぁ。

今日のYou Tube→Smile Up ! Project 〜みんなで踊ろう!がむしゃら行進曲!!〜 関ジャニ∞
まさにガムシャラ(≧▽≦)
最後は笑ったわー
エイトおもしろいな~

さて今日のワクワク学校。
【大野先生 絵を描こう】
智くん変身して、ベレー帽にパレットと筆持って登場。
てっきり智くんが絵の描き方(技術的なこと)を教えてくれる授業だと思ってたら、知識のほうでしたね。
絵を描くって、そもそもどういうことだろうと。

6枚の肖像画を見せて、どれが好きですかと聞く。
翔くんは写実的な女性の絵。
相葉ちゃんは漫画に出てきそうな少年の絵。
ニノちゃんは個性的な絵。(それ選ぶと思ってた
「あえての5番。面白いじゃないですか。誰に会いたいってなったら5番」
潤くんは隅っこに描かれた絵。
「センターにいないってのが唯一じゃない。どうやって描いてるのかなぁって」

「今、選んだ絵が、あなたの持ってる物の見方です。
素晴らしい絵って何なのか?
有名な画家が描いた肖像画を見てみましょう」


アンリ・マティスの『緑の筋のあるマティス婦人の肖像』
「さかのぼること、時はルネッサンスです」と智くんが言うと
翔潤が「ルネッサーンス!」って同時に言う(笑)
その時は見たままの世界をいかに上手く落とし込めるか、
そんな絵画の流れに一大転機が訪れる→カメラの登場
自分達は何を描けばいいんだ、目に映る通りに描くということを離れて色を自由に使う、マティスが20世紀のアートを切り開いた、一番最初の人。(知らなかったー)

僕も自画像描いてきましたと智くん。
顔が色とりどりだーやっぱり個性的だなぁ
アユハピのジャケ写の写真も参考にしながら描いたとか。
翔くん「色の配置とか構成されてるんですか」
智くん「描きながらだったかな」
潤くん「どこからやり始めたんですか」
智くん「まず黒い部分から。
何でこうなったか明確なものはないんですよ」

ニノちゃん「描く時のテンションなんだね」
相葉ちゃん「何分くらいかかるんですか」
智くん「1時間くらい」

「絵は作者と鑑賞者とで作り上げていくもの。
タンポポを頭に思い浮かべてみて下さい。
このタンポポには実は1mくらいの根がはってるんです」
うわぁーそういうこと全く今まで思ったことないわ~

『13歳からのアート思考』の著者・末永先生によると
この目に見えない根っこの部分が
作者が自分の興味から探求していく過程。

宿題→メンバーの肖像画を自由に描いてみる。
なぜ、そう描いたか理由も添えて。6月12日締切。

今回はハードル高いな~でも頑張ってみようかな

締めの言葉。
モネの睡蓮の絵を見た4歳の男の子が「カエルがいる」
この絵のどこにもいない。どこにいるか聞いてみたら、
「今、水に潜ってる」
これこそアート思考なんじゃないでしょうか。
自分なりの物の見方が出来る人が毎日を楽しむことができる。
【上手い下手は関係ない。自分なりの視点を手に入れ、毎日を輝かそう】

今日でワクワク学校の授業終わって、ちょっと寂しくなります。
まだホームルームが残ってるので、楽しみは続くのが嬉しいですね


よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ