日経エンターテインメント!の『嵐ベスト盤解体新書』の
ツボったところをピックアップしときます
1曲ずつの解説、4P半。
ラブソー
「チリリと焼けるハイハット、小気味よいリムショット」
って何だそりゃーー
音楽のプロじゃないんだから意味がわからないよー
で、ググってみました。
ハイハット=ドラムのパーツのひとつで2枚重ねのシンバル
リムショット=スティックでスネアドラムのふち(リム )を叩く
ほぉーそういうの意識した事なかったわぁー注目して聴いてみる!

truth
「大野のカリスマ性に世間も気付き始め」って
カリスマとはちょっと違う気がする~
何て言えばいいんだろう、「天性の才能」だよね
(それをカリスマというのか?わかんない)

Everything
「旨味は、いわば楽曲のシャトーブリアン」
すごい比喩だなー私にはとても思いつかないわ。

Monster
「間奏では関節のしくみが心配になる二宮のダンスに注目」
そういうこと思ったことなかったわー

To be free
「大サビ前の極端なまでのリバーブ・エフェクトは圧倒的」
また出たっ専門用語!
リバーブ=残響を生み出す

Dear Snow
「日本家屋で歌っているが、座敷では靴を脱ごうな!」
それ当時みんな言ってたよね(笑)

Face Down
「『大野がらみの曲は踊る』の掟でもあるのか」
いえ掟はないです(笑)

Calling
「余談だがCDジャケットの相葉が実にイケてるので見とくべき」
はい、すぐ見ましたキリっとした顔だよね

Power of Paradise
「大野のロングフェイクが素晴らしい。張り上げるのではなく情感を備えた本当の巧さ。」

Doors
「冒頭のソロを担う二宮の頼もしさに始まり、全体的な歌唱力の向上を実感できる」

夏疾風
「振りは意外にも優雅なジャズダンス」
ジャズダンスそのものがよくわからないけど、そうなのねー

【ライブ研究 明確な山場と解読する面白さ】2P半
>国民的アイドルという呼称にはいまだに少し違和感がある。
>嵐はあくまで「熱心なファンの数が国民の何割かを占めるまでになった状態」ではないかと。

そこ、とても共感

>マニアックな魅力は嵐ヲタを増殖させた。
>例えば彼らは会話の中で、業界用語や専門用語、Jr時代の些細なエピソードに由来する特殊な語句なども平気で使う。一般のファンには当然わからない。

そうなの?長年ジャニヲタやってるので、何が専門用語なのかが分からなくなってる(笑)

>嵐のライブには細かい1つ1つにまですべて意味や意図があるので、それを解読する面白さは絶大。
>ライブには必ずライブのサビと大サビがある。
すべての観客に「あ、今日一番見せたかったのはこれですね」と合点させる瞬間がある。

なるほどー考えた事なかったけど、そうかも。
例えばJaponismでいうと、「Japonesque」と「心の空」だよね

というわけで、ライブの中から5本を厳選して解説してくれてます。
【見ておくべきライブ映像5選】
ここは読んでのお楽しみということで、ネタバレしないでおきます
その5本かー私が選ぶなら、ちょっと違うなぁ。
Time入ってないんだよー私なら絶対入れる
これ書いた人、ところどころ笑わせようとしてるよね
>20歳の相葉の色気がけしからん とか、
>大宮SKの生存も確認されている とか、
読んでて笑ったもん
(追記)ライターさん、上甲薫さんでした!

なかなか読みごたえある内容でした
「天気の子」の特集は映画観てからも読みたいかな。
賛否がわかれるメッセージを込めたんだって、楽しみだなぁ

Amazon→日経エンタテインメント! 2019年 8 月号 【表紙:『天気の子』描き下ろし / 特別付録:『天気の子』描き下ろしA4クリアファイル】
楽天ブックス→日経エンタテインメント! 2019年 08月号 [雑誌]
セブンネット→ 日経エンタテインメント!2019年8月号


よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ