福岡3日目も無事終了~お疲れさまでした!
5×20+は13:00に写真UP、21:00に動画UP。
も~にのあい仲良し~
智くんは笑わせてくれるし、ほんとに明るい人達だわ
(追記:昨日書いてた内容の一部にややネタバレ要素があるので削除しました)

島田 総一郎プロデューサーTwitterより
【2019年元日もTOKIO×嵐】
本日より情報出していきます。
ちなみに、今回の集合写真はTOKIOと嵐の収録前の楽屋のわちゃわちゃ感をそのまんま表現しました!
写真は色んなバージョンあるので、お楽しみに!
年末に向けてTOKIOと嵐で色々やりますんでw

今日は嵐ゴトもあまりないので、
クイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」観てきた感想を
この前、コメント欄で鳥肌号泣ものだってオススメいただいたので
これは観ないと!と思って。
学生時代は洋楽どっぷりだったことは以前にも書いたと思いますが
ライブエイドは当時10代だったけど、ビデオがない時代だったので、生中継を寝ずに見てました。
クイーンはシングルカットされたヒット曲は知ってたけど
リアルタイムよりずれてる世代なので、どういう人達だったかまでは、あまり知らなくて。
でも木村くんのドラマ「プライド」の時にクイーンが主題歌に使われて、ブームになって、ベストアルバムが出たのは買ってました
だけど英語の歌詞は意味なんて知らずに、音楽として好きだったので、今回、映画で字幕で日本語訳の歌詞を見て、こんな歌詞だったんだって初めて分かった感じで、意味が分かって歌を聴くと、それが人生と重なって泣けてくるんですよね
ライブエイドの直前あたりから泣きっぱなしでした。
初期に作ったボヘミアン・ラプソディの歌詞が、ライブエイドの時の心情にこんなにハマるなんて!
「僕は死にたくないんだ」って歌詞に号泣。
本当にいい仲間と巡りあえて良かったと思いました。
けんかできるって素晴らしい関係なんだなぁ。

日本語訳見ながら歌を聴くのって
歌詞カードの訳を見ながら聴くのとも全然違って
歌ってる人の表情とか感情とかも混ざってくるから
これは字幕映画ならではの良さだなぁって発見しました。
ライブエイドの完全再現は鳥肌ものでした!

4人の俳優さんがみんな雰囲気が似てて、凄い役作りだなぁって思いました。
クイーンのことよく知らなくても、映画として感動できる作品だと思います。
ぜひ劇場の臨場感を味わってほしいな~

(追記:下のコメントに映画の内容ネタバレありますので、まだ観てない方は注意


よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ