本日、陽だまりの彼女舞台挨拶全国生中継の2回目の回に
行ってきました
13:15の回上映前だったのでTOHOシネマズ 六本木ヒルズ
2回目にあたる回です。
始める前に司会者の方が、マスコミが入ってないので、
ざっくばらんにどうぞって言われてました。
1回目とは違ったものになってると思います
潤くんは前髪オールバックで、サイドは耳かけスタイル。
黒のジャケットに下は大柄のペイズリー?のパンツで
大胆なパンツだなーって思いました。
司会者が「松本潤さんです」って紹介すると、
潤くん右側のカメラに向かってずんずん歩き出して
カメラの前で全国のみんなに向かって笑顔で手振ったりなんかして
客席からキャーって喜びの声があがって、
たぶん全国の劇場も同じだったのでは?
これは中継見てた私達だけが見れた顔ですもんね
そして樹里ちゃんも真似してカメラのほうへ歩いてました(笑)

ここは注目して観てほしいっていうシーンを一人ずつ発言。
(メモってませんので、あくまでニュアンスです。
記憶も曖昧なので、間違ってたらごめんなさい)

潤くんはTVでも言ってたような、わりと普通な答えだったので
あまり印象に残ってなくてすみませんが
「2人のあったかい雰囲気がとても良くて
浩介って初めて呼ばれたシーンでキャーってなったり
いろんなとこでキュンとなって下さい」

みたいな感じだったかなぁ。
“キャーっ”って言ったのだけは残ってるんですが

樹里ちゃんは「江ノ島でのデートのところで玉山さんが
映るんですけど、そこが注目です」

玉山鉄二さんが「僕は見た目は石田純一っぽいんですけど
裸足に靴履いてたりして、でも何か笑えるんですよね」
(そこで小藪さんが僕も裸足にローファーです。
大阪では裸足にローファーと言えば吉本の小藪と言われてます、
と笑いをとる)

それを聞いた樹里ちゃんが江ノ島で玉山さんが実は後ろにって
いうのを言いかけて、「あ、あんまり言っちゃいけないんでしたっけ」
潤くんか監督が「まだそこまではセーフかな」

谷村美月ちゃんは「実は恋愛映画は好きじゃないんですけど
この映画はそんな嫌な感じがなくて、すんなり世界に入って行けて
それは登場人物一人一人の言葉が生きていて、
素敵な言葉が多かったからだと思います」みたいなことを言ってました。

大倉孝二さんが「ぶっきらぼうに言ってるセリフが
実はとても深い言葉だったりして、それが映画のテーマとも言える
言葉だったりする」
って言ってたんですけど、これが見た後もよく分かんなくて
『やりたいことをやればいいじゃん』だったのかなぁなんて
私は思ったんですけど、どなたかこれだ!って思うセリフが
あったら教えて下さいませ。
さらに大倉さん「真緒の父役の塩見三省さんの演技が素晴らしくて
あの夫婦の空気感を僕も出せるようになりたい」と言い、
潤くんも塩見さんと一緒のシーンで、塩見さんが
「演技っておもしろいねぇ」って言ったのが印象に残ってると言ってました。

中学生時代の浩介を演じた北村匠海くんが
「真緒との公園でのシーンが、中学生時代と大人になってからと
同じシーンが出てくるんですけど、僕にとっても大事なシーンだったので注目してほしいです」って言うと
潤くんが「16歳とは思えないほど、しっかししてますね。
僕16歳の時はビニールの服着て踊ってましたから」

ここお客さん大爆笑で、しばらく笑い声が止まりませんでした

小藪さんは「台本も自分のとこしか読んでなくて
映画観て初めて他のシーンも見たんですが
改めて奥さんと子供を大切に思いました」
潤くん「すごく真面目なこと言うんですね」とツッコミ。

浩介の弟役の菅田くんは「僕は出演してるシーンの3分の1は
二日酔いなんですけど(笑)
大倉さんの演技にすごく勉強させてもらいました」

最後に、樹里ちゃんと潤くんから一言ずつ締めの挨拶があって
終了。(たぶんありきたりな言葉だったので記憶がない)

映画の感想は改めて後で書きますね

1回目の舞台挨拶の記事ピックアップしておきます。
嵐・松本潤、共演者が男前エピソード暴露(モデルプレス)
松本潤「陽だまりの彼女」共演陣からいじられ放題で大喜び(映画.com)
玉山鉄二、逆流性食道炎だったことを告白…周囲は気付かず プロ根性に感心(シネマトゥデイ)

潤くん、最初の舞台挨拶でもスケスケ衣装の話が出たんですね


よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ