アナザーデータは映画本編に入っていない、
カットされた未公開シーンもしくは別バージョンといったところ。
よくぞ、これを収録して下さったと感謝です。

【注意】まだこれから見るという方は驚きが薄れてしまうので
先に読まないようにして下さいね~!

【証言】リュウと早樹の過去
雨が降ってて傘をさしてるリュウの後ろから早樹が
抱きしめてるシーンで、後ろに看護師さんがいて
スタジアムの写真見せるシーンで、
浅間が病院で聞き込みしてる場面が挿入されて
「早樹ちゃんは自閉症で・・・」とか看護師さんが証言してる。

これはやっぱり要らないですね。
いい空気感が台無し。

【父の手】リュウの想い
リュウのアトリエに浅間、海岸にリュウ、モーグルを探してて
浅間「何か持ち出したとしたら、この部屋しか考えられない」の後に
入っていたシーン。

浅間「リュウはおやじさんの手が好きだったんだな」

神楽「え?」

浅間「これはおまえの父親、神楽しょうごの手なんだろ?
リュウは父親の想いを知りたかったんだろ。
自分を残して死んでいった父親の目に見えない想いを。」

神楽「あなたはリュウの気持ちがわかるんですね」

浅間「コンピューターがあれば今の時代、簡単に同じ物を作ることができる。作品も人生もデータにすぎない、おまえはそう思ったんだろ。
でもな、そのデータを生み出したものは何だ?
どんな想いをこめて作ったのかは本人でさえも説明ができないのかもしれない。
だが何かを生み出そうと想いを手にこめた、その目に見えない想いこそが大事だと、リュウは言いたかったんじゃないか」

神楽「夢の中で会ったリュウもあなたと同じようなことを言っていた」
手を見て「想いは必ず手に伝わる。その手が土を形作るとも」

浅間「リュウとは気があいそうだよ」

(映画本編では最初の浅間のセリフのあとが
神楽「浅間さん、少女の絵を見せてもらえますか」になっている)

ここ何でカットしたんだろ
私が以前書いた記事:映画「プラチナデータ」原作本とどう違うか
で、まさに原作のこの言葉を何故入れなかったんんだろうと思ってた、
その部分が存在してたことに驚き
これ入ってたほうが、より理解できると思うんだけどなぁ・・・
まあ、でも浅間さんが言うのも違うかな、神楽が気づいた事なんだし、
とは思います。
だから神楽の手紙に、この大切な部分を含めると良かったかなぁ。

【手紙】神楽からリュウへ
アトリエでリュウが、浅間から渡された神楽の手紙を読んでるシーン。
映画本編では神楽が読んでる声と共に、
映像は神楽と浅間が握手して、車に乗り込みメガネをはずす場面。
そしてリュウと早樹のラストシーンへ繋がるのですが・・・

アナザーのほうは手紙を読んでる声と共に、
手紙読み終わって少女の絵を描きながら泣きだすリュウ。
嗚咽が漏れる。筆が止まり、うつむいて泣き、さらに泣きながら描く。

ここも何で入れなかったんだろー
すっごくせつなくて悲しいし、ニノちゃんの熱演もハンパないのに。
でもこの映像見れただけで幸せです。

【スピーチ】事件後 SARI所長 志賀
生瀬さん迫真の演技。熱かったですね。
上部に食いついてたとは意外でした。

【離別】神楽と浅間、最後の会話
道路で並んで話してる。
ここ本編ではさっきの神楽の手紙朗読シーンのバックで、
2人の会話の音声は入ってません。

神楽「最近、リュウの記憶が次々と頭に浮かぶんです」

浅間「人格がひとつになり始めてるのかもな」

神楽「神楽じゃないしリュウでもない、私は一体誰なんでしょう」

浅間「神楽でもリュウでもなく俺がずっと追いかけていたのは
目の前にいるおまえだ」

握手を求める神楽「ありがとう。ってリュウが言ってましたよ」
車に乗る神楽。メガネをはずし外を見る。

うーん入れても入れなくても・・・悩んだかもですね。

私だったらこう編集するって思うのは・・・
って書いたのを、やっぱり消す(笑)なんかえらそうだし
つい映画マニアなので、そういうこと言いたくなるんですが
仲間内だけで話しとけばいいことですよね、
公開することじゃないかなと、思い直して、やめときます(笑)

だって充分、映画何度も見て感動したり泣いてるんだから
それが答えなんじゃないですか。
後で未公開シーンとか見せられるから迷いが生じてくるのであって(笑)
それはそれで見れて本当に感謝です。

改めて、ニノちゃんの天才的な役者としての才能の素晴らしさを
感じさせられました


★Amazon
プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディション
プラチナデータ DVD プラチナ・エディション

★楽天ブックス
プラチナデータ プラチナ・エディション 【Blu-ray】
プラチナデータ プラチナ・エディションDVD


よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ