さっき書くのを忘れてましたがプラチナデータ公式HPがリニューアルされてます。
トップページはフライヤー第2弾と同じビジュ。
主題歌が流れる予告第2弾もUPされてます。
主題歌かっこいいし、初見の映像がいっぱいで
ひえーそうなのみたいなこともあり、ほんと面白そう

さて今日発売の「+act」間違いなく買いです
テキストが4Pびっしり、すっごい読みごたえあります。
ちょっとネタバレ的なこともあり、観てから読んだほうがいい部分もあり
(今読んだところで、さっぱり分からないし)
ここはアドリブだったよねとかいう話も。
でもシネマスクエアなどで読んだ同じ話も3分の2くらいはあったかな。

読みながら「ハッハッハッ」って思わず感嘆の笑いが出てしまったのは
後ろ2Pの大友監督、佐藤信介監督、車イス~の河野Pのインタビュー。
これはもう絶対読んで下さい(断言
ニノちゃんがいかに凄い人かっていうのがわかるから。

★大友監督
「豊川さん演じる浅間と神楽がスタジアムで会うシーン。
ある写真を見た瞬間に神楽の中でワッと溢れ出す感情がある。
そこで最初にどんな言葉を言うのか?
このセリフがね・・・脚本上、死ぬほど難しかったんです。
一言目に何を話すか?(中略)
出てきたセリフが・・・これはぜひ映画で確認してほしいんだけど、あのセリフ、なんですね。
これはね普通の文脈だけだと「は?ちょっと待って」となるんです。
相手のセリフに応えていないし、着地のさせ方として、理屈で言うと
「ん?」って言っちゃう。
あのセリフを聞いて…俺は一瞬にして背筋が震えたんだよね。」


ここは覚えといて絶対注目すべきところですよね~楽しみだわぁ。
大友監督の話にはへ~ってところが他にもいっぱいでした。

★河野プロデューサー
「現場で見た彼の芝居にはビックリしましたね。
「この人、凄い!凄すぎる!」というのが率直な感想です。
それはもう現場に彼が立った瞬間から。
全てが“凄い”んですよね。
芝居の計算が一切見えない。
ドラマの中で自分の思いを吐露する崖のシーンがあるんですけど
そこのテストをモニターで見た時、本当に僕は涙がこぼれたし、
演出家も隣で泣いてるし、スタッフもみんな涙ぐんでいて・・・
これは“最高の芝居”を見たなっていう気がしましたよね。」

「男も女もスタッフ全員から好かれる、ほんと“人たらし”ですよ(笑)
僕もあんなに短い期間で、心をあれだけ持っていかれたのは、
初めての経験でした。(中略)
いつか連ドラでご一緒したいです。企画書かいてます(笑)」


わ~連ドラ実現してほしいです~!

Amazon→+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2013年 03月号

最後に写真のせときます。
ほんとに柔らかい優しい表情ばかりでキュンとなります
k 019

k 020

k 021



よかったらランキング応援クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ